ホーム > 自分の磨き方 >

歩き瞑想をすると、不安や悩みが消えてゆく

不安が次々と湧いてきた時に、「まぁ、どうでもいいか」と思うにはの続きになります。

僕は歩きながら瞑想・・・するのが好きで、頭の中がまとまらなくなったり、何かで一杯になった時は、時間を見つけて歩いたりします。

街の中を30分とか1時間とか・・・出張に出た時も時間があれば、ホテルまで1時間でも2時間でも歩いたりします。

歩きながら考える・・・すると、本当はどうでもいいことがふるいにかけられるようにして、どうでもよくなってゆくというか。

例えば、不安なんかもすっと消えていったりします。

何かに集中して考えたい時、僕は体を動かすようにしてます。前回も書かせていただきましたが、体を動かすことで今に気持ちが向きます。

今に気持ちが向いた時、本当はどうでもいいことだったり、本当はそこまで不安にならなくてもいいようなこと、実際には起こる確率は少ないのに怖くなっていたこと・・・などがふるいにかけられるようにして、抜け落ちてゆくんです。

歩き瞑想と僕のやり方

歩き瞑想・・・歩きながら瞑想するわけですが、僕のは完全に我流で・・・どうぞあまり信用しないでください・・・というのも変ですけど・・。(笑)

僕がやっているのは至って簡単で、何かを考えたいと思った時にあえて、歩きながら考える・・・というだけです。

僕は場所にはあまりこだわりがなくて、街中とか海沿いの道とか、森林の中、公園の周りとか・・・を歩いたりすることがあります。

知らない土地を歩くのも好きで、出張の際はその街を歩きたくなります。といっても、瞑想しているので・・・あまり景色は覚えてなかったりしますけど・・。。(勿体ない・・)

本当は自分がよく知った道の方がいいのかも知れません。慣れた道の方が気が散らないと思いますので。

ただ、僕の場合は、知らない土地を歩いた方が集中できるような時もあります。

歩き瞑想をしようと思った時は、日頃から頭の中にあったもの、悩みですとか、不安ですとか、色々な感情とか・・・そういうものを歩きながら、考えてゆきます。

特に不安は・・・考え過ぎていた場合は、すっと薄れてゆきます。
たまった感情なんかも、薄れてゆくように思います。体を動かすことで。

これは本来の瞑想とは全く違うとは思うんです。

本来の瞑想・・・といってもやり方は沢山あると思いますが、僕が考える本来の瞑想は、頭の中にあるものをどんどん押入れのようなところにしまっていって・・・最後には頭の中をからっぽにする作業と言いましょうか。

頭に浮かんできたものを、まぁ、いいや、後で考えよう・・・とどんどん整理していって、最後に何もなくなり・・・その時に大きな癒しのような瞬間が訪れると言いましょうか・・。

そんなものなのかなと。
そういう瞑想も稀にすることもあります。

僕の歩き瞑想はどちらかというと、後回しにしよう・・・というより、積極的に考えるかなり我流な瞑想なので(それは瞑想ではないと専門家の方にお叱りを受けると思いますので)・・・自信を持ってこれはいいです!・・・なんてとても言えません・・。

ただ僕は、とてもいい方法だと思っていて、よく実践していますし、その中で浮かんできたことや考え方が僕を変えてくれることも今まで何度もありました。

最後まで記事をお読みいただいて、本当にありがとうございます。
感謝です。