ホーム > 友達に関する悩み >

友達が少ないという悩みについて。友達は多いほうがいい?数が大事なの?

自分は友達が少ない。

そんな風に思って、悩んでいる人もいるかも知れません。

友達が少ないことを悪いことのように感じたり、恥ずかしいことのように思う人もいるかも知れませんが、友達が少ないことは決して悪いことでも、恥ずかしいことでもないと思います。

ただ、友達の数というのはやっぱり気になることかも知れません。

友達は数が大事、友達は質が大事・・色々な考え方があると思いますが、一番大事なことは、自分が友達との関係にどんなことを求めているのか?いうことなのかも知れません。

今回はそんなことについても書いてみたいと思います。

友達が多いことは、いいことばかりじゃない

友達が多い人が羨ましい。

そんな風に思う人もいるかも知れません。

だけど、物事は何でもそうですが、良いこと(メリット)があるということは、悪いこと(デメリット)もあるということだと思います。

じゃあ、友達が多い・・ということの良いところ(メリット)と悪いところ(デメリット)は何でしょうか?

友達が多いことのメリットは、沢山の人(色々な性格の人)と付き合えることであったり、そうすることで自分の世界が広がったり、大勢の友達とワイワイ楽しめたり、または、人と会いたい時に誰かと会える確率が高くなる・・といった点もメリットになるでしょうか。

じゃあ、友達が多いことのデメリットはどこでしょうか?

それは例えば、1人1人と過ごすことができる時間が減ることであったり、良くも悪くも広く浅い付き合いになりやすいことであったり、人間関係のトラブルも数が多いだけ増えてしまいやすい点・・でしょうか。

友達が多い人が羨ましい・・と思ってしまっている人はきっと、友達が多いことで得られるメリット(良いこと)の方だけを見ているのかも知れません。

だけど、本当は悪い面(デメリット)もあるわけです。

友達が多いということは、沢山の人とお付き合いができるわけですが、沢山の人とお付き合いしてゆくということは、一人一人と過ごす時間が減ってゆくということでもあると思います。

自分の体は1つしかないわけですから、多くの友人がいても、一度に会える数は限られているわけです。

一度に多くの友人達と会って、盛り上がることは、友達が多いことのメリットだと思います。

ただ、多くの友人と同時に会うということは、一人一人と話す時間も減るということです。

そういう意味で、友達が多くなればなるほどに、良くも悪くも広く浅い付き合いになってしまいやすいかも、知れません。

また、友達が多くなるほどに、人間関係のトラブルもその数だけ増えてゆくことが多々あります。

友達に関する悩み・・・というのは、人が抱える悩みの中でも常にトップの方に入ってくる悩みの1つです。

もし、友達が少ないと悩んだ時、そして、友達が多い人と見て、羨ましい気持ちになったり、自分が情けなく思えてきた時は、友達が多いことで得られることだけではなくて、友達が多いことで失うものであったり、友達が多いことのデメリットの部分もしっかりと考えてみる必要があるのかも知れません。

それでも、友達がもっと欲しいと思った時にはじめて、友達を増やしてゆく努力をするということをはじめてみてもいいかも知れません。

ただ、そうやって得ることだけではなくて、失うことも考えてみて、「やっぱり、自分は今のままでいいや」と思えたら、無理に友達を増やす必要はないのかも知れませんね。

友達が少ないことで得るもの

今度は友達が少ないことのメリットとデメリットについて少し考えてみましょう。

まず、デメリットは先ほどの友達が多いことで得られることが得られないこと、ですね。

限られた人とだけお付き合いをすることで、自分以外の人から受ける刺激が少なくなるかも、知れません。

また、友達と会いたいなと思っても、スケジュールが合わなくて会えない・・ということも友達の数が少なくなるほど、多くなってゆくかも知れません。

一方、メリットは?というと、限られた数の友達とお付き合いをすることで、一人一人と過ごせる時間が増えるということ、自分のペースで友達とお付き合いしやすいことや、深い付き合いになりやすいこと、などでしょうか。

友人の数が多いと、一人一人と過ごすことができる時間も減ってゆきますが、数が限られていることで、一人一人と過ごせる時間が増えます。

そのため、浅い関係ではなく、深い関係になりやすいです。

また、色々な意味で自分のペースでお付き合いしやすくなるかも知れません。

友人が多いと、その分だけ、連絡も増えますし、お誘いも多くなるでしょうが、自分のペースでお付き合いするのも難しくなってゆくかも、知れません。

こうやって考えてみると、友達が少ないことにも、友達が多いことと同じ位、メリット(良い点)があるわけです。

どちらにしても、良い点と悪い点があるわけですから、(どちらを取ったとしても、妥協しなければならない点であったり、失うものはあるわけですから)大事なのは、自分が何を求めているか?ということなのかなと、思います。

大事なのは、自分が友達との関係に何を求めるか?

さて、友達が多い方をとっても、友達が少ない方をとっても、どちらにしても、良い点(メリット)もあれば、悪い点(デメリット)もある・・・ということでした。

そう思うと、どちらをとっても、何かを得るけれど、何かを失ったり、何かを妥協しなければならないわけです。

だとしたら、大事なことは、どちらがいいか?ということよりも、自分が友達との関係にどんなことを求めているか?自分がどんな風に友達と付き合ってゆきたいか?ということなのかなと、思います。

先程の友達が多いことと少ないことのメリット・デメリットを考えると・・

もし、

・一人一人との時間を増やした方がいい
・広く浅い付き合いよりも、一人一人と深いつながりを持てた方がいい
・自分のペースで友達とお付き合いしたい
・今は自分の世界を広げたい、刺激が欲しいとは思っていない

・・・ということであれば、友達の数はあえて増やさなくてもいいのかも、知れません。

友達が少ない、友達が多い・・・これは、どちらが良くて、どちらが悪いということではないと思います。

ただ、大事なのは、自分がどんな風に友達と付き合ってゆきたいか?どんなことを友人関係に求めるか?ということなのかなと、思います。

今は友達が少なくてもいいし、時間と共に付き合い方が変わってもいい

友達が少ないということで悩む人もいるかも知れませんが、何か理由があって今は、友達が少ない時期・・・ということがあってもいいと思うんですね。

例えば、今、自分にやりたいことがあって、そのことやその夢に向かって一生懸命になる時期で、だから、どうしても友達付き合いが疎かになってしまう・・・という時があってもいいですし・・

例えば、今、何か理由があって心を開くことができない。だから、友達をうまく作れない・・・そんな時期があってもいいと思います。

そういう風に、気持ちを外側に向けるのではなくて、内側に向けて、自分と向き合う時があってもいいと思うんです。

人生という長いステージでは、そんな風にして、「今はこれをやるべき時」・・・という時期があってもいいと思います。

だけど、人は少しづつ変わってゆくし、周りの環境だってずっと同じとは限りません。

今は友達はそんなに多くない方が自分にとっては快適だけど、いつか状況が変わって、自分でもあれ?と思うほど多くの友人と付き合っているかも知れないわけです。

友達とは、そんな風にして、時間と共に付き合い方が変わってもいいのかなと、思います。