ホーム > 人生の悩み >

孔子が残した人生の名言 「悩み」と「運命」

「論語」は中国の思想家、孔子が語った言葉を弟子達が記録したものとして、よく知られていますが、その中にこんな言葉があります。

子曰く、吾(わ)れ十有五(じゅうゆうご)にして学に志す。
三十にして立つ。
四十にして惑わず。
五十にして天命を知る。
六十にして耳順う。
七十にして心の欲する所に従って、矩(のり)を踰(こ)えず 。

現代語にするとこんな感じになります。

(孔子)先生はおっしゃった。
私は15歳の時に学問を志した。
30歳の時に独り立ちした。
40歳になった時には、迷うことがなくなった。
50歳になった時に、自分の運命(天命)を受け入れることができた。
60歳になった時に、人の言葉を素直に聞くことができるようになった。
70歳になった時に、自分の思うように行動しても、人の道から外れなくなった。

 

40歳にして、迷わず

孔子という偉大な人物でさえ・・・40年もかかったのかと、そう思った時に、あれこれ悩んだり、迷う自分は仕方ないと、その時そう思いました。

「悩みとか不安とか、そんなものはどうやったらなくなるでしょうか」・・・そんな風に聞いていただいたことがあります。

でも、僕はその答えは持っていないんです・・。

勿論、そこに挑戦したいとは思います・・このサイトの1つのテーマとして・・。でも本当の意味で全部の悩みや不安はなくなったりはしないのかも知れません。

以前の僕に比べたら、今は周りの方から見れば、悩みなんて、不安なんてないように見えるかも・・知れませんし、そんな風に勘違いされてしまうこともあります・・。

でも、そんなことはないわけで・・。悩みはあるし、不安もあるし、怖いなと思うこともあります。

ただ、悩みとか不安は全部なくなったりはしないけど、でも、それがあっても、前には進んでゆけるし、そんなものがあっても、笑顔にはなれるし、悩みがあっても幸せにはなれるのではないかなと・・・思うんです。

僕の言うその幸せって、多くの方が想像される大きな幸せではないかも知れなくて、それは小さな幸せだったりもしますが、僕はその小さな幸せの数を数えていきたいと・・・思うんです。

50歳で自分の運命を受け入れた

「50歳で自分の運命を受け入れた」

・・・その言葉に正直驚きました・・。

孔子のような方でさえ50年か・・・と。自分の運命に翻弄されてしまう・・・そんなお話を度々お聞きすることがありましたし、僕自身・・・自分は無力だと、そう思っていた頃もありました。

何とか受け入れよう、何とか許そう、何とか・・・ということを続けていた頃もあって、そういう自分ではどうしようもない、もっと大きな何かを前にすると、本当に無力なんだと思うんです。

受け入れたつもりでも、受け入れ切れていないものってやっぱりあって。

孔子のような方で50年・・・何だか安心しました。

受け入れなくても、いいかも・・・と思えたり、この人生の間に受け入れられたらそれで万々歳かも・・と思ったり。

60歳で、70歳で・・・孔子の言葉は1つの道標のように見えました。

最後まで記事をお読みいただき、本当にありがとうございます。
感謝。