ホーム > 人生の悩み >

やりたいことが見つからない、自分にはできないとすぐ諦めてしまう

やりたいことが見つからない、またはこれをやりたいと思っても、始める前から自分にはできないとすぐに諦めてしまう・・・そんなこともあるかも知れません。

そんな時は、本当にやりたいことがないこともあれば、やりたいことがないというよりも一歩踏み出す勇気が足りないだけ、ということもあるかも知れません。

自分にはできそうにないとすぐ諦めてしまうのも、実際に自分ができるかどうかということより、踏み出す勇気の問題なのかも、知れません。

できるかわからないことだから、目標になる

自分にはできないとすぐ諦めてしまう時というのは、頭で自分にはできるかどうかを考えている時なのかも、知れません。

やる前にそれが自分にはできることなのか、そうでないことなのかを頭で計算して、そして、やる前から諦めてしまったりする。

それがとてつもなく大きなことで自分には無理だと思うこともあるかも知れませんが、目の前にあるものさえ諦めてしまうのは、「できるという確信が持てないから」なのかも知れません。

やってみたけど、できなくて、もがいてしまうのが嫌で、だから、諦めてしまう。

ただ、できるという確信が持てるのなら、それは目標にはならないのかも知れません。

できないことだからこそ、目標になり、そして、そこに少しづつ進んでゆく中で、達成感であったり、満足感というものを得られるのだと思うんです。

その達成感であったり、満足感のような喜びは、きっと、「うまくいかないという苦しみ」を味わうことがないと、感じることができないのかも知れません。

自分ができることをやっても、そこに達成感はありません。それはできて当たり前なのですから。

だから、できないものこそ、またはできないものの中にこそ、喜びというものが隠れているのだと思うんです。

やりたいことがないと思っている時は、もしかしたら、自分にはできないとやる前から諦めている時でもあるのかも知れません。

しかし、その自分にできるかどうかわからないものの中に、自分に満足感であったり、喜びを与えてくれるものが隠れているかも、知れません。

目標は今を楽しむために

目標を達成することは大事なことだと思うんです。

ただ、その目標を達成するという「結果」に執着してしまうと、今を楽しめなくなることがあります。

そんな時は、その考え方を反対にしてみてもいいかも知れません。

つまり、結果よりも過程を楽しむこと、ゴールというものは(目標というものは)、今を楽しむためにあるもの・・・という考え方です。

結果が大事になってくることって、沢山あると思うんです。

学生の頃もそうだし、スポーツの世界も、社会人になって仕事をするようになっても、やはり結果が大事になってくることがあります。

ただ、結果を出すことも大切なことだけど、そのことに自分が執着してしまっていると思った時は(そして、それが原因で動き出せないでいると思った時は)、少しの間、その反対、つまり、今を楽しむために、または、今を充実させるために目標というものを作ってみるということをしてみてもいいのかも知れません。

何か結果を出すことが目的というよりも、その目標に向かって今、走り出すことそのものを目的にするというか。

結果を出すことはどうでもいいとは言えませんが、ただ、今を充実させてゆくことだったり、今踏み出す一歩というものが、その先の未来に必ずつながってゆくように思います。

やりたいことが本当に見つからない時は?

時には、飛び込んでゆく勇気はあっても、やりたいことが本当に見つからないということもあるかも知れません。

そんな時はどうしたらいいのでしょうか。

もし、そんなことがあったら、そんな時は無理に自分を奮い立たせてやりたいことを探そうとするより、少し、その時の流れに乗ってみて・・・「すぐにやりたいことを見つけなくてもいい」と思ってみてもいいかも知れません。

そして、例えば、今、目の前の自分がやるべきことを充実させてみてもいいかも知れません。

だけど、何かをやりたい、自分が一生懸命になれるものを見つけたいという思いだけは、頭の片隅に入れておく。

やりたいことがないというのは、裏を返せば、何かをやりたい、何かに一生懸命になりたいということだと思うんです。

今はそれが見えなくても、その思いがある限りは(「やりたいことがない」と思えている限りは)、この先必ず、何かが見えてくるものだと思います。

やりたいことを見つける方法はいくつもありますが、何かをやりたいと思うことは難しい。そう思えている限りは、必ず何かが見つかると思うのです。

そしてもし、その時がきたら、できるできないは、動きながら考えようと思ってみてもいいかも知れません。

自分にできるかどうかというのは、立ち止まって考えるより、動きながら考えた方がいいようです。

それが例え、自分には向いていなかったと思っても、その進んでみた先の斜め前に自分がやりたいことが見つかるかも知れません。

大きなことにいきなり向かってゆかなくてもいいと思うのです。ちょっと難しいかな・・・というところにまず勇気を持って進んでゆく。

小さな勇気を出し続けてゆく、その先に必ず何かがあると思います。

最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございました。
感謝。