ホーム > 悩み全般 >

色々な不満やうまくいかないことがたまってきた時にできること。先が見えない不安についても

不満というのは一度感じてしまうと、不思議と・・・次々とまた違う不満がわいてきたりすることがあります。

仕事の不満、今の暮らしの不満、やりたいことができていない自分への不満・・・色々な不満があります。

こんな時にどうやってその不満を抱えた状態から抜け出すことができるのか、ということについて今回は考えてみたいと思います。

今の気持ちが同じ気持ちを引き寄せる

これは以前にもお話させていただいたことがありましたが、今の自分の気持ちというのは不思議なもので・・・似たような気持ちを引き寄せるようです。

だから、不満に思っていると、何故かまた別の不満がまるで向こうからやってくるようにして見つかっていって・・・そんなことが続いている時はまるで地獄にいるかのようだったりします・・

そんなサイクルが起きるのはきっと、今の気持ちが次の気持ちを引き寄せるから・・・かも知れません。

だから、不満は不満を引き寄せますし、他のことでも同じことが言えます。

例えば、ちょっとしたことでも、楽しいなぁ・・・と思っていると、楽しいことがまた見つかったりします。

ちょっとしたことでも喜んでいると、また、同じような喜びが見つかる・・・そんな不思議な現象が起こります。

つまり・・・見ようとしたものが見えるようになる・・・のかも知れません。
または探そうとしたものが見つかる・・・と言いましょうか。

だから、例えば、足りないものを見ようとすると、足りないものが見えてきて。それが不満だったり、時には苦しみにも変わることがあります。

そういうことってあると思うんです。足りないものがどうしても気になってしまう時。僕はあります。

だけど、そこにあまりにもこだわり過ぎてしまうと・・・または足りないものを探し過ぎてしまうと・・・もう色々な苦しみが何故か次々とやってきたりします・・

それは見ようとしたものが見つかるから・・・だと思うんです。

ここがうまくいかない、ここが悪い・・・と自分を責めていると(不満に思っていると)、何故かうまくいかないことばかりが起こるようになったりします。

それは自分が見ようとしたものが引き寄せられているからかも知れませんし、うまくいかないことが続いてしまう理由の1つはきっと、不満というものが自分からエネルギーを奪ってゆくからだと思うんです。

自分が元気になれるものを見ようとしてみる

不満に思うほどに、不満な出来事が起こって、自分からエネルギーを奪ってゆくから、どんどん苦しくなる・・・

そんな時は自分がまず、少しだけでも元気になれるようなものを見ようとしてみることだと思うんです。

その気持ちがその気持ちに見合った出来事を不思議と引き寄せます。

その自分を元気にしてくれる気持ちというのは何でもいいと思うんです。ちょっとしたことが起こって、ほんのちょっとだけでも嬉しいなと思ったら、「嬉しいなぁ」と口にしてみます。

そうやって小さなことでも喜ぼうとしていると、不思議と・・・また、小さくても嬉しいことが起こったり、見つかったりします。

嬉しいと思えない時であっても、「嬉しいなぁ」の言葉だけでも口にすると、同じようにまた、その言葉を言いたくなることが起こったり、見つかったりすることがあります。

嬉しいと思えることが今起こっているかどうかはあまり関係ないのかも知れません。大事なのは、「嬉しいなぁ」と口にしてみることで。

人の脳は矛盾したことが嫌いなので、「嬉しいなぁ」と突然口にしたら、「何故嬉しいのか?」という理由を口にした回数だけ・・・見つけようとしてくれます。

それでうまく嬉しい理由が見つかることもあれば、毎回そうはならないこともあるかも、知れませんが、ただ、「嬉しいなぁ」と口にし続けていると、気持ちが暗くなってゆくことは少なくて、少しだけでも、気持ちが明るくなれたりします。

そのほんの少しの明るい気持ちでいいと思うんです。
その気持ちがまた、気持ちがほんの少し明るくなる現象を引き寄せてくれます。

自分がしたこと(口にしたこと、見ようとしたこと・・etc.)が次の現象となって起こったり、見えてきたりする、そんなことがどうもあるようです。

最後におかしなことを言うかも知れませんが・・・

先が見えない不安に自分が包まれてしまった時には、

「オレの人生はどんどんよくなる。」
「わたしの人生はどんどんよくなる。」

・・・と口にし続けてみてください。そうは思えなくても・・・できれば、笑顔で、そう口にし続けてみてください。

そうすればきっと、その言葉と気持ちに見合ったものが少しづつ・・引き寄せられてくるのではないかなと、思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
感謝。