ホーム > 悩み全般 >

行動力がない、行動力をつけるには?

「自分には行動力がない」・・・そんな風に思っていらっしゃる方もいると思います。

どんな人でも、なかなか行動できない時ってあると思うんですね。ただ、そんな時はきっと考えすぎているのだと思うんです。

何を考えすぎているかというと、「どうにもならないことを」・・・ということだと。

人は行動する前に何かしら考えるものだと思います。その時に「何を考えるか」で行動力がある人とそうでない人に分かれるのかも・・・知れません。

何を考えるかが分かれ道だった

行動できない理由・・・それは不安や恐れだと思うんです。

そして、頭というのは考え続けているとどうしても、不安に思っている方に傾いてしまう性質があるのだと思います。

こうやったら、どうなるだろうか?
うまくいかないのではないか?
続かないのではないか?

・・・という風に不安に思うことばかりが頭を駆け巡ります。それはきっと、自分ではどうにもコントロールできないことばかりを考えているから・・・ではないでしょうか。

行動力のある人は何を考えているか・・・というと、それは恐らく、「自分に何ができるか」・・・という風に考えているのだと思います。

つまり、自分ではどうにもコントロールできないことを考えれば、不安が多くなって行動できなくなり、自分に何ができるかと考えると行動しやすくなるということだと。

将来のこと・・・未来のことに関しては私達はコントロールするのが難しく、予測することも容易ではありません。だから、将来どうなるだろうか・・・ということを考えると不安で動けなくなります。

私達はまた、自分以外の人のことはどうにもコントロールできません。他人をどうしようか・・・と自分以外の人のことを考えると、やはり動けなくなるものだと思うんです。

自分がコントロールできること・・・それは「自分」だけではないかと僕は思うんです。

だから、考える時は自分に何ができるか、自分がやれることは何か?ということ中心に考えてゆくと行動力というものは必然的についてゆくように思います。

進みながら修正する

自分にできること・・・そう考えて、「自分ができることを自分なりに少しづつ」やってゆけばよいのではないかと僕はよく自分に言い聞かせています。

他人と比べると、行動力というものは薄れてゆくものだと思っています。

でも他人と比べる必要なんてなくて、自分なりに自分ができることをやってゆこう・・・そう思えたら、行動力というものはついてゆくのかも知れません。

物事というのはまたやってみないとどうなるかわからない・・・というものだと思います。

いくら頭の中でシミュレーションをして絶対に成功する・・・と思ったことも、やってみるとそうでもなかったりします。

それは、先ほど申し上げた、自分でコントロールできることとそうでないことがあって、自分でコントロールできることは限られているから・・・だと思うんです。

だからこそ、完璧なプランなどはできないわけで。
だからこそ、頭で考えてばかりいると行動できないのだと・・・。

もしそうだとしたら、大切なことは自分でやれること、自分がコントロールできることだけに気持ちを向けて、それを実践してみる、一歩踏み出してみる・・・ということだと思うんです。

すると必ず何かしら問題が出てきたり、修正点が出てきたりします。それは進みながら修正してゆけばいいのだと思います。

そして、そうやって実践の中で気づいたことは頭で考えて気づいたことよりも、自分を成長させてくれるように思います。

失敗した後に何をするのかでその先が大きく変わる

絶対成功する・・・なんてことはこの世にはないものだと思います。

だから、完璧にやろうと思うよりも、自分ができることをやってみようと思うことの方が大事なんだと思うんです。

人はまた失敗した後に何かを手にするものだと思います。仕事でもそうだと思うんですね。失敗した時がチャンスなんだと思うんです。

昭和最後の大横綱と呼ばれた千代の富士はその圧倒的な強さで多くのファンがいました。僕もその熱狂的なファンの一人でした。

しかし、千代の富士はその強さの影で多くの失敗も重ねてきました。でも千代の富士は負けた後に、何故負けたのか・・・ということの分析を繰り返し、その後に負けた相手のところに自分から出向いて稽古を重ねたそうです。

ところが、それでも勝てない。

すると千代の富士は、出足のスピードや足を踏み出すタイミングなどを変えたり、相手に当たる時の角度も細かく変えながら何度も試行錯誤を繰り返します。そうすると苦手だった相手にも勝てるようになってくる。

最後は、もう負けないなと思うところまで来る。そうやって千代の富士はあれだけの勝利を重ねてきたのだそうです。

千代の富士は負けたことでまたは逆境に立たされることで自分は強くなってきたと言いたかったのだと思います。

大事なのは、失敗しないことじゃないのかも知れません。むしろ、その後に何をするのかが、その人のその先を変えるのだと思うんです。

いつも記事をお読みいただいて、ありがとうございます。
感謝。