ホーム > 悩み全般 >

行動できない。やりたいことが見つかっても、できない理由を考えてしまう

これをやってみたい・・・そんなことが見つかったのに、気づくと、それができない理由ばかり思い浮かんできて、結局、行動できない・・・

「できない理由じゃなくて、できる理由を考えてみよう」・・・そう思っても、それでもやっぱりうまくいかない・・・

そんなこともあるかも知れません。

今回はそんな時にどうしたらいいのか?また、できない理由が浮かんでしまう原因についても見てみたいと思います。

立ち止まると不安になる、人の心理

やりたいことが見つかったのに・・・行動できずに、できない理由を考えてしまう・・・そんな時は、自分にガッカリしてしまったり、します。

やっぱり自分には行動力がないんだなとか、自分は弱くてダメだなぁ・・と思ってしまったり。

ただ、本当はそうではないのかも知れません。

行動できなかったのは、できない理由が浮かんできたからではなくて、「行動しなかったから、できない理由が浮かんできてしまった」のかも・・知れないからです。

何だかややこしい言い方かも知れませんが・・

ただ、人には(多くの人に)共通する心理のようなものが沢山あって、その中の1つが、立ち止まって、その場で動かないでいると、不安なことであったり、マイナスなことが浮かんできやすい・・・ということのようです。

だから、できない理由が浮かんできたから行動できなかったのではなく、行動する前に立ち止まってしまったから、できない理由が浮かんできてしまうのかも・・・知れません。

小さな子供は「これやりたい!」と思ったら、「できるかな?」なんて考える前に、もうそのことに向かって走り出していたりします。

だけど、大人になるまでに、何度も転んだりして、辛い思いもしたりして、そんなことを経験するうちに、これやりたい!と思って走り出す前に、これはできることなのかな?と考えてしまうようになるものだと思うんです。

そしてそうやって、一旦考えてみることもとても大事なことだったりします。

ただ、それを繰り返していると、やりたいことがあってもできない、やらない・・・ということを続けてしまって、いつかはそれが「やりたいことが何もない」・・・ということになったりしてしまうこともあって・・

そんな時は、まず走り出してみよう、走りながら考えてみようと思ってみてもいいのかも知れません。

動くと浮かんでくる、それが「できる理由」

立ち止まって考えると、不安なことやマイナスなこと、本当は考えなくてもいいようなことまで・・・浮かんで来たりすることが多いですが、不思議と、体を動かしながら、

例えば・・・

歩きながら考えてみると、その場でじっとして考えている時よりもマイナスなことであったり、不安なことは浮かんでこなくなります。

だから、やりたいことが見つかった時に大事なことは、まず、そこに向かって歩き出してみることなのかも知れません。

子供の時のように思い切って走り出せないかも知れません。だけど、歩き出してみるだけでも何かが違ってくるかも知れません。

できない理由が浮かんできたから行動できないのではなく、行動する前に立ち止まってしまったから、できない理由が浮かんできてしまう・・・

もしそうだとしたら、その反対のことも言えるのかも知れません。

つまり・・・考える前に行動すると、人は、もしくは人の脳は「それができる理由を探そうとする」のかも・・

だから、これがやってみたいなと思った時に必要なことは考えることよりも、まず動いてみることなのかも知れません。

特にそれが今回のように自分がやってみたいと思えたことなら。

その何かが「できる理由」というのは、考えて出すものというよりも、もしかしたら、動いてみることで「浮かんでくるもの」なのかも、知れません。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
感謝。