ホーム > 人間関係の悩み全般 >

メールの返信が短い人、一言で終わらせる人は、その気がないのか?

おかしな相談室

「メールの返信が短い人だったり、本当に一言だけでそっけない人がいますが、どういうつもりなのでしょうか。丁寧に書いて送ったメールに一言で返信するなんて、非常識なんじゃないかと思うこともあります。」

「気になっている男性がいます。私はその男性に長文のメールを送ることもあるのですが、彼からの返事はいつも短くて、私に興味がないのかなと思ってしまいます。メールが短いというのは、その気がないということでしょうか?」

おかしな相談室について

そうですね。丁寧に書いて送ったメールに対して、一言だけで片付けられるというのは、残念なことかも知れないですね。

また、女性の立場からすると、せっかく色々な気持ちを込めてメールを送っているのに、短い文章で返されるとガッカリしてしまうかも知れませんね。

メール、もしくはネットを使ったコミュニケーションツールというのは、便利なものですが、手紙などと比べると、共通の認識というか、マナーというものがあるようでないところもあって、それが気持ちに行き違いになってしまうこともあるかも知れません。

メールの返信が短い人はその気がないのか?

メールの返信が短い人や一言だけでそっけない人はどういうつもりなのか?

・・・ということですが、これは人によってもまちまちなので、一概にそれはこういうつもりなのでしょうとは、言えないかも知れません。

ただ、その気がないのかというと、そうではないかも知れません。

メールやネット上の似たようなコミュニケーションツールに対しての捉え方、もしくは使い方というのは、人によって少し違っているようです。

どのように違っているか?ということですが、男性型と女性型にわかれることがどうも多いようです。

男性型の人は、メールを「情報」を伝える手段として捉えていることが多く、そういう人は、特に男性に多いようです。

一方、女性型の人は、メールを「気持ち」を伝える手段として捉えていることが多く、そういう人は女性に多いと言われています。

言い換えると、メールが短い人は、メールを情報伝達手段として捉えているので、その情報を伝達するために、文章は短く、手短に相手に伝えることが目的になっていることも多いかも知れません。

一方、そうでない人は、メールをコミュニケーションの手段として捉えているので、自分の気持ちを伝えようとしたり、相手の気持ちを知ろうとしたりと、情報のやり取りにも勿論使うのですが、気持ちのやり取りも大事にしていることが多いかも知れません。

冒頭の方の、「丁寧に書いて送ったメールに一言で返信するなんて、非常識なんじゃないか」ということですが、確かに、送った相手の気持ちを考えた場合は長文に対して、短い一言で返す・・・なんてことは思いやりにかけているようにも感じますね。

もし、本当に相手に思いやりがないような場合ですとか、その気がなかったり、こちらが丁寧に送ったメールに返信するのを面倒に感じているような人であれば、それは、とても残念なことだと思います。

また、それに対して「何故?」と考えると、かえって辛くなることもあるかも知れません。

その場合は、場合によっては、そういう人なのだと考えて、少し距離を置いてみる必要もあるかも、知れません。自分のため、もしくはお互いのために。

ただ、もし、相手が先ほど書かせていただいた男性型のタイプの方であれば、その気がないわけではないかも知れません。

その気がないわけでも、面倒なわけでもなく、ただ、手短に伝えようとしていただけだったのかも。

もっとも、色々な人がいますから、男性型、女性型の2つだけではないわけですが、そんなこともありますので、相手の真意というのは、冷静に判断してゆく必要があるかも知れません。

その場合は、相手の言葉ではなく、相手の行動や今までの相手との歴史のようなものを考えてみてもいいのかも知れません

その方が相手と自分について、冷静に考えられることもあるかと思いますので。

メールの返信が短い男性はこちらに興味がないのか?

冒頭の方のように、お付き合いしたいと思っている男性からの返信が短かったり、そっけなかったりすると、不安になってしまうこともあるかも知れませんね。

また、お付き合いしている彼氏からの返信が短いのも、やっぱり何だか自分が拒否されているような気持ちになってしまったり、気持ちがなくなってきたのかなと心配になることもあるかも知れません。

ただ、これも先ほどの男性型と女性型の話と同じで、男性の場合は、メールを情報を伝える手段として考えている人が多いように思います。

ですので、男性のメールは基本的には短いことが多いと思います。

勿論、男性の中にも、女性型の人というか、メールを情報を伝える手段だけではなく、気持ちを伝える手段としても考えている人もいますので、一概には男性はみんなこうですとは言えないかと思います。

ただ、一般的には男性はそういう風にメールを情報伝達のツールとして捉えていることが多いようです。

もっとも、例えば、相手の好みをよく考えて、「こんなレストランを見つけたから、次の休みに行ってみない?○○が美味しいんだって。」とメールしたら、「了解。」なんて一言の返信が来たら、おい!とツッコミを入れたくなるかも知れませんが・・

ただ、この場合も、彼が喜んでいないとは限りませんし、そういう人(自分のことを考えてくれる人)だからこそ、お付き合いしている、または一緒にどこかに行きたいと思っているのだと思うんですね。

繰り返しますが、男性といっても色々な人がいますから、一概には言えませんが、ただ、男性の場合は、そんな風にして、メールなどを気持ちのやり取りをする手段、場としては考えていないことも多いようです。

ですので、そういう人に対しては、メールで相手の気持ちを読み取ろうとしても、相手の本当の気持ちはわからないかも、知れません。

相手は気持ちを伝えようとしているわけではないので。(この場合は)

もし、相手の気持ちが気になった場合は、メールよりも、実際に会って、または電話で実際に相手の生の声を聞いてみた方がいいのかも知れません。

メールなど、文章では多くは伝わらないことがあります。

ただ、実際に会えば、顔の表情や声のトーン、体のゼスチャーなど・・・気持ちが表れるものが沢山ありますので、そういったもので判断してゆくようにしてみるといいかも知れません。

彼氏や旦那さんのメールが短くなったら?

また、お付き合いしている男性やまたは旦那さんもそうかも知れませんが、以前はそれなりにメールを返してくれていたのに、今は本当に短い返信になったという人もいます。

この場合も、色々なタイプの男性がいますから、一概にこうとは言えないのですが、ただ、男性にとって、それはある種の安心感の表れであることも多いのではないかなと思うのです。

また、お付き合いする前、または結婚する前は、先ほどの男性型であるにも関わらず、無理をしていた・・・ということも多いようです。

ただ、お付き合いすることができて、または結婚することができて、相手の中で安心感が生まれて、それでメールの返事が短くなったということもあるかも知れません。

その場合は、気持ちがなくなったということではないと思いますし、むしろ、その安心感というものは、長い関係を続けてゆく、築いてゆく上ではとても大事なものではないかなと、思います。

最後まで記事にお付き合いいただいて、ありがとうございました。