ホーム > 仕事の悩み >

仕事で行動できない、行動力がないという悩み

仕事をしていると、考えてばかりでなかなか実行できない時があるかも知れません。

そんな時に一歩踏み出せる人と、その一歩がなかなか出ない人ではちょっとした違いがあるのかも・・・知れません。

成功か失敗かは一歩踏み出してみないとわからないもの

一歩踏み出すために、散々考えなければいけない・・・という時もあるかも知れません。

そうやって、考えて考えて考えて、やっと確信が持てたところで行動する・・・。

ところが、そんな風にして考え抜いたところで、それが成功するかどうかはわかりません。頭の中で考えただけでは、成功できるかなんてわからないと思うんです。

特に仕事ではそういうことが言えるのかも知れません。
仕事はやってみなければ、どうなるかわからない。

結局、それを知るには行動してみるしか方法はないようです。仕事で行動力がある人はそういうことを理解されているのかも・・知れません。

仕事はほとんどが失敗なのが当たり前

仕事のアイディアで成功するのは10実践してみて1つ程度のようです。つまり、成功の確率はどんな人であっても1割程度。

まして、経験のない時は、1割にも満たないかも知れません。そういうことが最初からわかっていたら、考えるだけで行動できない・・・というのも改善してゆくのかも知れません。

やってみないとわからないし、成功する確率も1割程度あれば万々歳です。

1割程度しか成功しないのですから、無理に大きな仕事にチャレンジする必要もないし、そこに大きなお金をかける必要もないことがわかってきたりするものです。

小さなことからはじめてみる

行動できない時は大きなことをはじめようとしているのかも・・知れません。

しかし、行動力を上げる秘訣はむしろ、小さなことからはじめてみることだと僕は思うのです。大きなことを始めるには、勇気も必要です。準備にだって時間がかかるし、そういう仕事はお金もかかります。

だから、なかなか行動できない。

でも小さなことだったら、そんなに準備も必要ありません。お金もかからないし、自分でできることなら、すぐに実践することだってできる。

そうやって、小さくても何かを始めてみる・・・という経験を重ねてゆくことで行動力というのはついてくるものなのかも知れません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
感謝。