ホーム > 仕事の悩み >

職場、会社に馴染めない時はどうしたらいいか?

新しい職場に馴染めない。

そんなこともあるかも知れません。

そんな時はどんなことを考えたらいいか?また、どうしたら新しい環境に馴染めるか?ということについて今回は考えてみたいと思います。

また、新しい会社に馴染めないという問題は、時間が解決してくれることも往々にしてありますが、時間が経っても、また、自分にできることをやっても、どうしても馴染めないということについても記事の最後で考えてみたいと思います。

新しい環境では、すぐに馴染めなくてもいい

新しい会社に入るということは、色々な意味で大変なことだと思います。

ただでさえ、新しい仕事を覚えなければいけないわけです。

それに加えて、そこにすでにある人間関係の中に入っていって、うまくやるということは、とても難しいことではないかなと思います。

人はまた、変化に対しては身構えてしまうところがあります。

入社する立場もそうですが、新入社員を受け入れる側(今いる社員)にとっても、新しい人が入ってくるというのは、変化であることに違いはないと思います。

だから、受け入れる側も、その変化に対して、多少なりとも無意識のうちに身構えてしまうこともあるかも知れません。

お互いにどこか身構えていて、だからこそ、新しい職場に馴染んでゆくことは難しいことなのかも知れません。

だから、最初はうまくいかなくて当然なんだと、自分にそう言い聞かせてゆくことも大切なことではないかなと思いますし、そうやって上手に自分を許してゆくことも、特に入社したばかりの大変な時期には、とても大事なことだと思います。

時間が解決してくれるまで、仕事に気持ちを向けてみる

冒頭でも書かせていただきましたが、新しい職場に馴染めないという悩みは、時間が解決してくれることも往々にしてあります。

ただ、その時間を待っているのも辛いわけですが・・そんな時は、職場に馴染めないということや職場の人間関係に気持ちを向けることを少しやめてみて、仕事そのものに気持ちを向けてみるのも一つの方法かも知れません。

仕事に気持ちを向けて、職場の人間関係よりも先に仕事に慣れることを優先してみるといいますか。

そうやって、仕事に集中しているだけでも、必然的に仕事を通して、周りの人とコミュニケーションをとってゆくことも多いと思いますし、そういうことの繰り返しの中で、馴染めないという問題も少しづつ自然と、解決してゆくこともあるのではないかなと、思います。

職場での人間関係は期限があるもの

これは、自分だけ浮いている、馴染めないと悩んだら。職場など集団の中での自分でも書かせていただきましたが、職場のような集団の中での人間関係というのは、期限があって、しかも、変化し続けてゆくものだと思います。

退職してゆく人もいれば、新卒や中途採用で入社してくる人もいます。

部署の移動もあれば、役職が変わることもあります。

そういう意味で、社内での人間関係というのは、ある意味流動的で、限りがあるものなのだと思います。

だから、今、新しい職場に馴染めないと思っていても、それがずっと続くかというと、そうではないことの方が多いのではないかなと、思います。

今の状況というのは、どのような形であれ、いずれは、変わってゆくものだと思います。

自分にできることは何か?

さて、ここから少し、職場に馴染めないと思った時に自分にできることは何か?ということについて考えてみたいと思います。

馴染むというのは、辞書で調べると「人に慣れて親しくなる。また、物事や場所に慣れて親しみを持つ」(出典:デジタル大辞泉(小学館))と出てきます。

つまり、馴染むためには、1)慣れること、2)親しくなることが必要なのかなと思います。

まず最初の1)慣れることですが、人は何もしなくても、ただ、その刺激に繰り返し触れることを繰り返すだけで、新しい環境や刺激になれるような力が備わっています。

だから、例えば、いくら面白い映画でも、何度も見ているうちに慣れてしまって、最初のような感動を得られなくなってゆくわけですが・・

ただ、新しい職場や職場の人を「刺激」と捉えてみると、この映画のように、繰り返し経験するだけで、つまり、何度も出社して、その刺激に繰り返し触れてゆくだけで・・慣れてゆくことができるかも、知れません。

この慣れるという力は誰もが持っていて、馴染めないという問題を時間が解決してくれることが多いのは、そのためなのだと思います。

これは勿論、仕事にも言えるかと思います。

最初は慣れない仕事ばかりで、大変なものですが、少しづつ繰り返しているうちに必ず慣れてゆきますから、最初はうまくいかなくても、そこで諦めないで、慣れるまで少しだけ、我慢してみると、ある瞬間から、ふっと楽になれることがあると思います。

さて、馴染むために必要な2つ目のこと、2)親しくなることですが、どうやったら、職場の人と親しくなれるのでしょうか?

職場での人間関係は、友達との関係とは違っていて、特殊なものだと思います。

働いてお金を得るという目的のため、年齢も好みも違う人たちが集まっていて、だから、親しくなるといっても、友達のようになる必要はないのかも知れません。

ただ、少しでもわかりあえた感覚になると、関係はぐっと近くなれるのかなと、思います。

じゃあ、わかりあえるためにはどうしたらいいか?

・・というと、そのためにできることは色々とあるかも知れません。

その中の一つですが、「わかろうとしてみる」のもよい方法かも知れません。

相手のことをわかろうとしてみる、といいますか。

これは以前にも少し書かせていただいたことがありましたが、人にはしてもらったことを返そうとする心理があって、だから、わかろうとすると、わかってもらえるようになることがあります。

これが逆の順番だと恐らくうまくいきません。

だけど、まず、自分からわかろうとしてみると、わかってもらえるということがあるように思います。

勿論、全部わかろうとする必要も、全部わかってもらう必要もないと思います。

ただ、少しでも分かり合えた感覚になれば、人間関係というのはぐっと近くなれる(親しくなれる)ように思います。

そんな風にして、自分を上手に許しながら、時間をかけて慣れてゆくこと、相手を自分からわかろうとしてみることで、馴染めないという問題が少しづつ解決してゆくことがあるのではないかなと、思います。

馴染める場所、馴染めない場所

ここまで書かせていただいたように、その場に馴染めないと思った時、あせらずに、時間をかけて慣れてゆくことや、自分にできることを少しづつ、自分からやってみることは大切なことのように思います。

そうやって、自分にできることを一つづつ、やってゆくということが大事なことなのだと思います。

ただ、それでも、自分にできることをやっても、馴染めないという時はどうしたらいいのでしょうか?

これも以前、少し書かせていただいたことがありましたが、人には波長というものがあるようです。

そして人は、自分と同じような波長の人とは一緒にいると居心地が良いと感じるようです。

反対に、自分と違う波長の人と一緒にいると、居心地が悪いと感じてしまいます。

職場など、何かの集団やグループの中では、その場にいる人達にある程度共通する波長というものが流れているようです。

その波長というものが、自分とは違っていた場合、その場にいても、どこか浮いているような、馴染めないというか、そんな感覚になってしまうことがあるかも知れません。

この波長というものは、絶えず少しづつ変わっていて、相手も自分の波長も少しづつですが、変わってゆきます。

だから、先ほども書かせていただいた通り、今、その場に馴染めなくても、ずっとそうであるとは限らないと思うのです。

ただ、それでもやっぱり、どうしても波長が合う場所とそうではない場所というものはあるのかも知れません。

その場合、その場に馴染めないのは、自分のせいというより、職場の人達のせいというより、ただ、波長が自分には合わなかっただけなのかも、知れません。

そういう、どうしても自分には合わない場所、自分にできることをやっても、どうしても合わない場所というものはあるように思います。

だけどそれは、自分にはもっと他に合う場所があるということでもあるのかも知れません。

だから、僕は、一つの職場だけにこだわる必要はないのかも知れないなと、思ってます。

色々な可能性があってもいいと思ってます。

ただ、勿論、転職といっても、大変なことですし、また、波長が合わないからと転職しても、次の職場で波長が合うとは限りません。

だけど、例えば、働き続けながらでも、少しづつ、転職活動をはじめてみてもいいかも知れませんし、自分がやりたい仕事や自分が求めている職場というものについて、考えてみてもいいのかも知れません。

そうやっているうちに、状況が変わってくることがあるかも知れませんし、働きたい会社であったり、ほかにやりたいことが見つかるかも知れませんし。

本当は今の会社でうまく馴染めたらいいのかも知れませんが、もし、自分なりにできることをやってみて、それでもどうしても合わないと感じた時は、それはもしかしたら、自分にはもっと他に合う場所があるということなのかも、知れません。

さて、ここまで職場に馴染めないということについて見てきました。

新しい環境というものは、誰にとっても大変なことだと思います。特に新しい職場となれば、覚えなければならない仕事も沢山あって、それだけでも本当に大変なことだと思いますし、最初は苦しいことも多いかと思います。

ただ、人が慣れてゆく上では、または何かを習慣にしてゆく上では、3という数字が大事だと言われています。

最初は3日を目標に。3日を過ぎると、少し楽になれると思うので、次は3週間。

3週間を過ぎたら、3か月を目標に。3か月が経つと、色々なことがぐっと楽になることがありますので、そんな風にして、少しずつ、目の前のことを目標にしてみるのも良い方法かなと思います。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。