ホーム > 自分の磨き方 >

イライラしないたった1つの方法、イライラの原因はこれだった

イライラしない方法を探したくなる時というのは、怒ることで自分が疲れたり、自己嫌悪に陥ったり、自分が小さい人間に思えたりする時・・・だったりします。

僕は以前にイライラする自分が嫌になってとにかく自分にできることは何でも実践し続けていた頃がありました。そんなことを続けて何年が経ったでしょうか。

その中でわかったことがあるんです。

何故些細なことでイライラしてしまう?

大らかな気持ちでいられる時があります。反対に、些細なことでイライラしてしまう時もあったりします。

例えば、宝くじが当たったその日に上司から理不尽なことで叱られても、「まぁ、どうでもいいか♪」なんて思えるかも知れません。

でも、毎日そんな理不尽なことを言われ続けると、ちょっと言われただけでイライラしてしまったり・・。

何が違うのか・・・?

それはきっと心の余裕なんだと思うんです。人は心の余裕がなくなった時に些細なことでイライラしてしまうようになるようです。

イライラというのは、いわばストレスですが、ストレスというのは心の中にたまっていきます。

心には決まった容量があって、その心にストレスが一杯になってしまうと・・・先ほどの心の余裕がなくなります。すると、もう些細なことなのに、許せなくなってしまう・・。心がうまく動いてくれなくなる・・・と言った方がいいでしょうか。

こんな時必要なのは、まずそのいっぱいになった心に隙間をあけて、心の余裕を取り戻すことだと思うんです。心に余裕がある時・・・人はそれほど・・・イライラせずに済んだり、時には笑顔でスルーできたりします。

この心の余裕を取り戻すためには、心にたまったストレスを捨ててしまう必要があるのですが、この続きは些細な事にイライラしたり落ち込むようになる原因とは?でご紹介していますので、よかったらそちらを参照ください。

イライラの原因はこれだった

人はでも・・・何故イライラしてしまうのでしょう・・?

僕は何故こんなに自分はイライラするようになってしまったのだろう・・・と考え続けていました。

そこでたどり着いた答えが、「執着」でした。

それは簡単に言うと、「こうでなくてはならない」という「思い」でした。

お釈迦様はこの執着を手放せば楽になれる・・・そうおっしゃったわけですが、反対にこの執着しているもの、「思い」が多ければ多いほど、イライラすることも多くなるようです。

例えば、「お礼はすぐにしなければならない」という「思い」もしくは考え方があったとします。

すると、相手からのお礼がすぐに来なかったりすると、もうイライラしてきます。「お礼はすぐにしなければならない」のに、すぐにお礼がこないから・・・です。

だけど、お礼がすぐに来なくてもイライラしない人もいたりします。

その人達を見ていると、「お礼はすぐにしなければならない」とは思っていないことに気づきます。

つまり、「~しなければならない」という考え方を減らせば減らすだけ・・・自分はイライラしないで済むことになると、そういうことになると思ったんです。

執着を捨てる

「~でなくてはならない」・・・その思いは自分を苦しめることになります。何せ、「○○でなくてはいけない」のですから、そうならなかった時にイライラします。

言い換えると「~でなくてはならない」という思いがあって、思い通りにならない現実があって、はじめてイライラというものが湧き上がってくるのではないかなと・・。

例えば先程の、「お礼はすぐに言わなければならない」という思い、もしくは考え方があると、相手からのお礼が遅れたりするとイライラしてきます。

ところが、「お礼はすぐにするべきだ」という思い、もしくは考え方を捨ててしまって、「お礼の形や時期は人それぞれである」ということを悟ってしまえば、今後、同じようなことがあっても一々イライラしたりすることもなくなることになります。

これは、「イライラしてる自分を何とか抑えよう」と抑圧するスタイルとは違って、積極的なイライラ解消法だと思ったんです。

自分が執着しているもの、僕は本当に無数にありました。

自分に厳しくしてきたつもりでした。だから、こうでなければならない・・・という思いもその分だけ多く抱えてきたのかも知れません。

だけど、それが本当に増えてしまって、どんどんイライラする自分になっていることに気づいた時に、思い切って反対のことをしてみようと、そう思えて。

つまり、自分に甘くなろうと。他の記事の中でも何度も書かせていただきましたが、自分に甘くなければ、他人には優しくなれないと、そう思ったんです。

「~でなくてはならない」・・・これは自分も他人も許さない考え方ですが・・・自分に甘くなろうと思った時、「~できない時もある」・・・例えば、そんな風に思ってみようと。

イライラした時というのは、必ず執着している考え方があるはずなので・・・それを見つけて、「~でなくてはならない」という考え方を見つけて、少し自分に甘くなってみるというか、自分の不完全さを許そうとするというか・・。

「~でなくてはならない」が「~できない時もある」という風に自分を許してみた時、不思議と人のことも同じように許せて、イライラしなくなったりするんです。

そうやって、同じことを何度も繰り返して、何度も自分を許し続けてゆく中で、ふっと、もう同じことではイライラしない自分になれていたりします。

そこに気づいた時、自分がこれまで執着してきた無数の考え方も少しづつでも手放してゆこうと、そう思いました。

そして、1つ捨てようとする度に少しづつ楽になれている自分がいたんです。

最後までお付き合いいただいて、ありがとうございました。
感謝です。