ホーム > 悩み全般 >

自分を許せない時に必要なのは許すことではなく「○○○」こと

こんにちは。おかしな幸福論のモリです。

今回は、自分を許せない時にできることについてお話ししていきたいと思います。

具体的には、

といったことについて見ていきたいと思います。

自分を許せない時に必要なのは許すことではない

自分を許せなくなってしまう時ってあると思うんです。

例えば、過去にやってしまった仕事のミスだったり、または誰かに対してしてしまったことやしてあげることができなかったこと・・そんなことを思い出してしまって、自分を許せなくなったり、自己嫌悪に陥ってしまったり。

そんな時はどうしたらいいでしょう?

こんな時、自分を許せたら楽になれるのかも知れません。

でも、それができないから苦しいのであって。

じゃあ、こんな時はどうしたらいいかと言ったら、それはもう認めるしかないと思うんですね

その自分の何かを認めるしかないと思うんです。

許して気持ちが楽になることであれば、自分を許せないという風に自己嫌悪に陥ることもないと思うんですね。

それは少なくとも今の時点では許すことのできない何かなんだと思うんです。

もしそうであれば、大事なことは許すことよりも、認めることだと思います。

もし自分が間違っていたと思ったら、それを、その間違いを認めること、だと思います。

それは自分を責めるとか、そういうことではなくて、ただ、「あぁ、自分は間違っていたな」とただ認めてみるというか。

自己嫌悪というのは、その何かを認めることができていない状態なんですね

だから、逆に言うと、その何かを認めてしまえば、今のネガティブな気持ちも少しづつ消えていきます。

今、向き合っていることに意味がある

少し話が変わりますが、もし、自分を許せなくなって、どうにもできない時、どうやってもそのことが頭から離れない時や、何をやっても自分を責めてしまったり、自己嫌悪から抜け出せない時は、変な言い方かも知れませんが、少なくとも今は、それでいいんだと思うんですね。

その何かと今、向き合っていることに何か意味があると思うからです。

マイナスな気分になって抜け出せない時は、抜け出そう、抜け出そうとしたくなりますが、そうするとむしろ、逆に抜け出せなくなってしまうことがあります。

そんな時は、今はこれでいいと思ってみると、不思議と気持ちが楽になれることがあります。

今はこれでいいと思ってみるということはつまり、今の自分の状態を「あるがままに認める」ということなんですが、今の自分をあるがままに認めた(受け入れた)時、そのネガティブな気持ちはすっと消えていったりします。

心が不調な時は自分を責めたくなってしまう

また少し話が変わりますが、心の調子が悪い時はマイナスなことが頭に浮かんできやすく、例えば、過去の自分の許せないところが浮かんできやすくなったりします。

だから、例えば、うつ状態になってしまうと自己嫌悪に陥りやすいんですね。

これは例えば、うつ状態とまではいかなくても、ストレスが重なった時なんかもそうで、そういう時は、ネガティブなことが浮かんできやすく、自己嫌悪に陥りやすい状態になります。

こういう時は気持ちの切り替えができなかったり、自分を責めたり、ネガティブな状態から抜け出せなくなったりしますが、これは心の不調が原因なんですね。

この場合は心がいつもの状態に戻ることで、そういったことが自然と解決することが多いです。

例えば、あの時は何であんなにネガティブになっていたんだろうとか、何で一方的に自分を責めていたんだろうとか、自分でも不思議に思う位、(今の不調が改善することで)心の状態がガラっと変わったりします。

だからもし、そういったことが原因で自分を責めたくなっている時、自分が許せなくなっている時は、これは自分の心の不調が原因なんだから、今はまず心の不調を何とかすることに意識を向けようと思ってみるといいと思います。

うつ病であれば、治療に専念する、ストレスが重なって心の調子が悪くなっている時は少し休んでみたり、自分がリラックスできる場所に行ったり、好きなことをしてみたり・・そうやって、まずは心をケアすることを優先してみます。

心がいつもの状態、健康な状態に戻った時、そういったネガティブな感情は自然と消えてゆくことが多いです。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

お知らせ:YouTube、SNSでも発信しています。詳細はこちら