ホーム > 人間関係の悩み全般 >

大人になってから、グループに入っていくのが苦手になった

何かのグループに属することが苦手・・・という方もいらっしゃるようです。

僕もそうなんです。そんなにグループに入っていって・・・ということはしないし、勘違いされたりしますが・・、本当は人見知りです。

もっとも、人は好きです。人は好きだけど、何かのグループに入らなければとか、そういった思いはなくて、自分のペースで仕事をしたり、出かけたり、旅に出たり・・・そんな自分でいいかなと思っています。

自分らしくいること

大人になってからは、特にそういったグループが苦手だなあ・・・と感じる方は本当は多いのかも・・知れません。

ママ友のグループが苦手という方もいらっしゃいますし、何か趣味でやっていることでも、何だかあそこのグループは居心地が・・・とか、気の合う人がいないな・・と感じてしまったり・・。

それはそれで寂しい気持ちになります。

ただ、大人になってからの「グループ」というのは、学生の頃のそれとは全くの別物だと思ってもいいのかな・・と思うんです。

大人になれば、それぞれ事情ができてしまったりして、学生の頃のように友達とお付き合いすることができなくなってきます。それは本当に寂しいことだなあ・・と僕は思います。

でも、それは仕方がないことだったりして、会える時間も少ないけど、だからこそ、その時間が貴重に感じられたり、良いところだってきっとあるのだと思います。

大人になってからのグループは、また、必ずしも同じような好みであったり、似たような価値観であったり、考え方であったり、そういうものを持った人が集まるとは限りません。

ママ友のグループの悩みを耳にすることもありますが・・・例えば、子供が同じ幼稚園に行っているというだけで、気が合う人が見つかる方が本当は奇跡的なことだったりするのかも・・知れません。

趣味でやっているスポーツでも、そこに集まった人達は同じ趣味を持ってはいても、それ以外は違っていたり、その時間に集まれる人達のグループでも、気が合うから集まっていた学生の頃のグループとは全く違うのだと思うんです。

考えてみれば、学生時代でも、同じクラスのみんなと気が合ったかと言われたら、はいと答える方は殆どいないと思います。合う人合わない人というのはやっぱりいて、本当に親しいという人は限られていた・・・と思うんです。

だから、大人になってからは、そういうグループが苦手だな・・・と思ってしまってもそれは、全然悪いことでもなんでもないんじゃないかな・・と思います。

「そういう自分でもいいんだよ」

そう思い定めてしまった時に気持ちは楽になれます。

大勢の人と一緒にいることが楽しいという人もいると思うし、少なくても気の合う人といた方がいいと思う人だっています。会える時に、友人に会えるだけでも感謝だな・・と思っている方もいるかも知れません。

そういう自分でいいと思います・・・どんな自分であっても。

自分らしくいることは、時々孤独でいることでもあったりして。でも自分らしくいれないこともまた、寂しいことなのかも知れません。

だから、少し寂しくても、自分が自分らしくいられる方を選んだ方が、人生はきっと楽しいものになると僕は思っています。

最後まで記事をお読みいただいて、ありがとうございます。
いつも感謝しています。