ホーム > 自分の磨き方 >

【わかりやすい】自分軸と自己中、自分勝手の3つの違い【自分軸の生き方】

こんにちは。おかしな幸福論のモリです。

今回は、自分軸と自己中(自分勝手)の違いについて、お話ししていきたいと思います。

また、記事の最後では、自分を大切にすることと自分勝手の違いについても見ていきたいと思います。

尚、自分軸についてはこういった記事も書いています。

目次

自分軸とは?自己中とは?

最初に自分軸とは何か?自己中とは何か?ということについて簡単に見ていきたいと思います。

まず、自分軸とは何か?

ということですが、自分軸とは、自分がどう思うか?自分がどうありたいか?ということが基準になっている考え方、生き方のことを言います。

自分軸の生き方は、人にどう思われるか、人に勝つこと負けること、人からの評価・・といったことは、どちらかというとあまり大事ではなくて、それよりも、自分自身がどう思うか、自分自身がどうありたいかということを大切にしてゆく生き方になります。

似たような言葉で、他人軸というものがありますが、他人軸とは、「他人に対して自分はどうなのか」ということが基準になっている考え方、生き方のことを言います。

自分軸とは?自分軸と他人軸の違い、自分軸で生きる方法とそのメリット

一方、自己中とは何か?

ということですが、自己中(自己中心的)とは、自分のことしか考えることができず、他人のことについては考えが及ばないことを言います。

自分軸と自己中の3つの違い

さて、ここからは自分軸と自己中の違いについて見ていきたいと思います。

この2つの違いですが、主に3つあります。

1つ目が、「他人と自分の区別ができているかどうか」です。

自己中の人は、自分と他人の区別ができていないんですね。

言い換えると、自分と他人の違いを理解できないというか。

だから、自分が思ったことを相手に一方的に押し付けてしまったりするわけですが、それは相手は自分とは違うんだという認識ができていないから、なんですね。

一方で、自分軸の人は、他人と自分の違いをはっきりと理解しています。

自分軸の人は、他人と自分は違うんだということを理解した上で、他人がどう思うかではなく、自分がどう思うかを軸にして、考えたり、行動しようとします。

2つ目の違いが、「他人を大切にできるかどうか」です。

自己中の人は、他人を大切にしませんし、他人を尊重するということができません。

一方、自分軸の人は他人を大切にしますし、他人の考え方や生き方というものを尊重します。

自分軸というと、自分のことばかり大切にする人・・というイメージを持っている人もいるかも知れません。

ただ、本当はそうではなくて。

これはまた少し後で詳しくお伝えしますが、本当の意味で自分を大切にしている人は、他人のことも大切にします。

人は不思議と自分が自分に対してしていることを無意識のうちに人にもしようとする・・そんな特徴があります。

だから、自分の思いや自分のあり方を大切にしている人は、自然と他人の思いや他人の在り方も大切にするし、尊重するようになります。

本当の意味で自分軸で生きている人で、他人はどうでもいいなんて思っている人はいないです。

そういう意味でも、自分軸と自己中は全く別のものです。

3つ目の違いが、「人との境界線がしっかりと引けるか」ということです。

自己中の人は人との境界線が曖昧です。

だから、人の領域に勝手に上がり込んだりするんですね。

一方、自分軸の人は、人との境界線をしっかりと引ける人です。

先ほどもお伝えしましたが、自分軸で生きている人は自分の思いや自分の在り方を大切にしようとします。

そういう人は相手のことも自然と尊重するようになるんですね。

だから、そういう人は人との境界線を曖昧にして相手の領域に勝手に上がり込んだりはしないし、また、自分の領域にも無闇に人を入れたりはしません。

自分を大切にすることは自分勝手とは違う

ここで少し自分を大切にすることと、自分勝手の違いについてお話ししたいと思います。

自分を大切にするというと、それは自分勝手になってしまうのではないか?

そんな風に思う人もいるかも知れませんが、これも実は自分軸と一緒で、本当の意味で自分を大切にできている人に自分勝手な人や自己中な人っていないんですね。

何故かというと、先ほどお伝えしたように、人は自分に対してしていることを他人にもしようとするものだからです。

簡単な例をご紹介したいと思いますが、自分を肯定していると、人のことも肯定できるようになるんですね。

例えば、自分のダメなところに対しても、人は完璧じゃないんだから、ダメなところがあったっていいと、そんな自分も肯定していたとします。

すると、人に対しても、ダメなところがあったっていいんだよと、相手を肯定できるようになります。

自分を大切にするということもこれと一緒なんですね。

だから、自分を大切にしていると、自然と人のことも大切にできるようになります。

一方で、自分勝手な人は人のことは大切にしません。

自分を大切にすることと自分勝手は全く違います。

自分を大切にすればするほど、人のことも大切にできる自分になってゆきます。

ということで、今回は自分軸と自己中の違い、そして、自分を大切にすることと自分勝手の違いについて見てきました。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

お知らせ:YouTubeでも発信しています。詳細はこちら