ホーム > 自分の磨き方 >

【簡単!わかりやすい】自己肯定感を高める5つの方法

こんにちは。おかしな幸福論のモリです。

自己肯定感を高めたい。

だけど、何をどうしたらいいかわからない。

そんな方もいるかも知れません。

今回はそんな人に向けて、自己肯定感を高めるコツと方法、そして、そのために知っておきたいことを5つ、ご紹介したいと思います。

ちなみに、自己肯定感については自己肯定感が低い。原因と3つの高める方法とは? という記事も書いています。

その中でも、自己肯定感の高め方や自己肯定感を高めるために大事なことについてご紹介していますので、もし興味のある方はそちらも参照下さい。

①自分を肯定するとは、自分の○○を肯定すること

自己肯定感を高めるために、とても大事なことがあります。

それは何かと言うと、「自分を肯定する」とは、自分のいいところだけを肯定することではない、ということです。

自分のいいところだけを肯定していっても、自己肯定感は上がります。

ただ、あることをした後にまた下がってしまうんですね。

その「あること」って何かと言うと、自分の欠点を否定する・・ということです。

だから、自分のいいところは肯定するけど、自分の欠点は否定する・・ということをしていると、いつになっても、安定した自己肯定感を持つことができません。

自己肯定感とは、自分自身のことをそれでいいと肯定できている、もしくは認めることができている感覚のことを言いますが、それは自分のいいところだけではなくて、欠点も「全て」をひっくるめて、そんな自分でもいいと思えている感覚、なんですね。

だから、自分のいいところだけじゃなくて、自分の欠点に対しても、それでいいと、誰にだって欠点はあるし、できないことがある、だけど、それでいいと自分を肯定してあげること。

それが自己肯定感を高めるためにはとても大事なことになります。

でも、苦手なこととか欠点はそのままでもいいの?

そう思われる方もいるかも知れません。

勿論、中にはできないままでは良くないこともあるかも知れませんし、苦手のままでは良くないこともあると思うんですね。

ただ、今はそれでいいと、そうやって今の自分を肯定してみると、自己肯定感が高まって、不思議とそういった、自分が向き合わないといけない何かを乗り越える力が湧いてきます。

何かを克服しようとする時や何かを乗り越えようとする時も、自分を否定している状態でその何かに向かってゆくのと、自分を肯定できている状態で向かってゆくのでは、色々なことが違ってきます。

自己肯定感が低いと自分に自信が持てないので、自分の本来の力を発揮できないんですね。

自分に対してポジティブなイメージが持てず、むしろ、ネガティブなイメージを抱いているために、委縮してしまったり、自分を抑えてしまって、自分が持っている力を出せないわけです。

だから、自己肯定感が低い人が自己肯定感を高めることで、一気に才能が開花する・・そんなこともあるし、自分がやりたいと思ったことを素直にできるようになる、そんなこともあります。

少しまとめると、自己肯定感を高めるためには、自分のいいところだけではなく、自分の欠点も全てひっくるめて、そんな自分でもいいと、今のありのままの自分を肯定することが大事です

②自分へのダメ出しをやめる

自己肯定感を高めるために大事な2つ目のことが、「自分へのダメ出しをやめる」ということです。

自分が発する言葉を一番受け取っていて、そして、その影響を一番受けているのは、実は自分自身なんですね

だから、言葉には気を付けないといけないんです。

例えば、自分を責める言葉、自分を否定する言葉ばかりだと、自己肯定感はどんどん下がるし、反対に自分を肯定する言葉が増えれば、自己肯定感は高まってゆきます。

自分へのダメ出しは必要ありません。

ダメ出しをしても、自己肯定感が下がるだけで、次にはつながらないからです。

ダメ出しをするなら、次はこうしよう・・という反省の方がいいです。

これはオーディオ版の中でもお話ししたことがありますが、何をやっても自己肯定感が上がらないと思っている人が無意識にやってしまっていることの1つが、自分へのダメ出し、なんですね

自分にダメ出しをするというのは、つまり、自分を否定しているわけです。

自己否定は、自己肯定感を下げます。

だから、自分にダメ出しをしたり、自分を責めることをやめない限り、自己肯定感を上げるためにどれだけ頑張っても、思うように自己肯定感が上がらなかったりします。

ただ、そういうことに気付いて、少しづつ自己否定をやめるようにしてみると、自己肯定感は少しづつ、高まってゆくと思います。

少しまとめると、自分へのダメ出し、自己否定をしていると、自己肯定感を上げるためにやっていることが無駄になってしまいます。自分にダメ出しをするなら、次はこうしようという反省の方がいいです

③結果ではなく、過程で自分を判断する

自己肯定感を高めるために大事な3つ目のことが、「結果ではなく、過程で自分を判断する」ということです。

自己肯定感を高めると言うと、何かいい結果を出さないといけないと考えている人もいるかも知れません。

ただ、自己肯定感を高めるために、何かいい結果を出す必要はないんです。

というのも、自己肯定感とは、自分という存在に対する肯定感であって、それは、自分が何か結果を出して得る自信のようなものとは違うからです

もっとも、結果を出すことで自信を手に入れて、自己肯定感が高まることもあります。

ただ、結果を出して得た自己肯定感は、次に結果が出なかった時に案外簡単に失ってしまうんですね。

人は常にいい結果ばかり出せるわけではないですから、結果を出して自己肯定感を得ようとしていると、安定した自己肯定感を持つということがとても難しくなります。

じゃあ、どうやって自己肯定感を高めたらいいか?

ということですが、自己肯定感を高めるためには、結果ではなく、過程で自分を評価、判断するということが大事です。

例えば、仕事でこれまでやったことのない何かに挑戦したとします。

でも、最初はうまくいかなかった。

もし、その結果で自分を判断するなら、うまくいかなかったのですから、そんな自分を肯定できないわけで、むしろ、否定したくなります。

すると、自己肯定感も下がります。

ただ、結果の前には過程もあったと思うんですね。

そのやったことのない何かに向かってゆくために頑張ったこともあったはずだし、そのために努力したこともあったかも知れない。

そして、そういった自分の姿勢であったり、気持ちは評価できるかも知れないわけです。

自己肯定感を高めるためには、そんな風にして、結果ではなくて、過程で自分を判断していくことが大事です。

結果はたまたま出ることもあるし、自分以外の何かにも影響を受けます。

ただ、過程にたまたまはありません。

だから、過程の部分で、例えば、自分の姿勢であったり、自分の在り方であったり、そういった、言ってみれば目に見えないもので自分を評価するようにしてゆくと、ちょっとしたことでは揺るがない、そんな自己肯定感が手に入ります。

少しまとめると、自己肯定感を高めるには、結果で自分を判断するのではなく、過程の部分で自分を評価、判断していきます。結果だけではわからない、それまでの自分の努力や自分が頑張ってきたこと、そういった目には見えないものを大切に。

④毎日、自分のよかったところを3つ書く

今日から自己肯定感を高めるために、簡単にできることがありますので、それをご紹介したいと思います。

その方法ですが、「1日の終わりに、今日の自分のよかったところを3つノートに書く」という方法です。

自分のよかったところは、どんなことでも構いません。

例えば、道に落ちていたゴミを拾った、人に道を譲ったとか、または、仕事を頑張った、家事を頑張ったでもいいし・・

または、疲れがたまってたけど、それなりに仕事ができたとか、マイナスなことにとらわれてしまったけど、最後は気持ちを切り替えることができたとか。

そんな感じで、どんなことでも、小さなことでもいいので、自分のよかったところを3つ、ノートに書きます。

簡単なことですが、続けてゆくと、自己肯定感がどんどん高まってゆきます。

人から「すごいね」と褒めてもらったり、認めてもらうと、自己肯定感が高まります。

ただ、不思議なことに、自分で同じことをやっても、自己肯定感は高まります。

人に認めてもらえるかどうかは相手次第ですが、自分のよかったところをノートに書く・・というように自分で自分を認める方法であれば、自分次第でいつでもできます。

だから、安定した自己肯定感を持つ、もしくはそういった自己肯定感を保ってゆくためには、自分で自分を認める・・ということが、非常に大事なポイントになります。

少しまとめると、自己肯定感を高めるためには、1日の終わりに今日の自分のよかったところを3つノートに書く方法がおすすめ。心理の専門家でもこのやり方をすすめる人も多いです。とても効果があります。

⑤自己肯定感はどのように上がってゆくの?

5つ目です。

これは自己肯定感を高めるために知っておきたいことになりますが、自己肯定感というのは、少しづつ上がってゆくもので、それは一気に高まったりしません。

それは少しづつ高まっていくのですが、自分自身で気付けるレベルになるまでには一定の時間がかかります。

それまでは、自分では自己肯定感が高まっていることを実感できないので、もしかしたら、自分がやってきたことが無駄なことのように思ってしまうかも知れませんが・・

ただ、そうではなくて、例えば、ここまでご紹介してきたようなことを続けてゆくことで、自己肯定感は自分でも気づかないうちに高まってゆきます。

そして、ある時、自分でもその違いに気付けるレベル(自己肯定感が少し上がったと感じられるレベル)に達します。

じゃあ、それまでにどの位時間がかかるの?と思う方もいらっしゃると思うので、一応の目安をお伝えしておくと、大体3か月、毎日続けていただければ、その違い(以前よりも自己肯定感が少し高まったこと)に気づけるようになると思います。

だからまず、3か月、ここまでご紹介したことでもいいですし、自己肯定感に関する本も沢山ありますので、そういった本に書いてあることを毎日続けていただくといいと思います。

毎日続けるという意味では、自分のよかったところを3つノートに書く・・というやり方はわかりやすいと思うので、他のことも意識しながら、まずはこの自分のよかったところを3つノートに書く、ということを実践してみるのもいいと思います。

続けていくことで、自己肯定感は必ず、高まっていきます。

少しまとめると、自己肯定感は少しづつ高まっていきます。ただし、自分で気付けるレベルに達するまでにはある程度の時間がかかります。まずは3か月、実践してみてください。

ということで、今回は自己肯定感を高める方法について見てきました。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

お知らせ:YouTubeでも発信しています。詳細はこちら